• リュウグウのカケラ

    リュウグウのカケラ

    3階展示室で、「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星リュウグウの試料レプリカの展示が始まりました。 このレプリカは、JAXA宇宙科学研究所はやぶさ2プロジェクトが製作したもので、相模原市の「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」 […]

     
  • 寄贈品コーナー&情報コーナー

    寄贈品コーナー&情報コーナー

    寄贈品コーナーは、「平塚空襲」展が始まりました。会期は7/31(日)まで。 昭和20年7月16日深夜から翌17日未明にかけての空襲で、平塚市と周辺の市町村は大変大きな被害を受けました。昨年度開催した「平塚空襲 -その時、 […]

     
  • 全国プラネタリウム大会@郡山

    全国プラネタリウム大会@郡山

    日本プラネタリウム協議会(JPA)が主催する全国プラネタリウム大会2022・郡山に塚田学芸員が参加してきました。 従来は毎年開催されてきた全国プラネタリウム大会、コロナ禍の煽りを受けて、2019年以来3年ぶりの開催となり […]

     
  • 現在燻蒸期間中

    現在燻蒸期間中

    毎年6月に行われる燻蒸作業を今年も行っています。 燻蒸とは、博物館に保管されている資料を虫害やカビなどから守るために、博物館の収蔵庫や展示室に薬剤を噴霧し殺虫・殺カビすることです。今日は、いよいよ収蔵庫に薬剤を投入する日 […]

     
  • いちごジャムと食パンでつくる付加体

    いちごジャムと食パンでつくる付加体

    付加体とは,大陸プレートの下に海洋プレートが沈み込む際,堆積物が大陸プレート側に押し付けられ,はぎとられたものです. 複数のプレートの沈み込み境界にある日本列島においては,広い範囲に付加体の地層が分布していますが,どうや […]

     
  • いつもと違う?よもやま話

    いつもと違う?よもやま話

    展示解説ボランティアの会の定例会では、学芸員が「よもやま話」として、それぞれの分野に関係する話題提供をしています。 ですが、今回よもやま話を行ったのは学芸員ではなく…… 管理担当の職員である、重田眞孝主査です。初の管理担 […]

     
  • 麦秋

    麦秋

    秋期特別展の準備の一環で、伊勢原市某所の麦畑へ行ってきました。 秋期特別展は天文分野と民俗分野の合同企画「星になった民具たち」です。星の和名を紹介する特別展ですが、そこに麦が登場するのです(どの星でどう登場するかはお楽し […]

     
  • とりが止まらない

    とりが止まらない

    夏期特別展の準備が佳境です。 図録で使う写真を撮影していますが、ぶら下げた飛翔形の鳥がくるくる回ってぶれるので、静止するのを待っています。 今写っているのはバードカービング作品「チョウゲンボウ(開翼)」です。 展示では少 […]

     
  • ユリノキの花が終わりました

    ユリノキの花が終わりました

    4月の中頃から私たちの目を楽しませてくれていたユリノキの花の時期が終わりました。 これはユリノキの実。 上の方に少しだけ花びらの残るものがありますが、もうすぐ散ってしまいそうです。 落ちた花びら。

     
  • 天文学入門講座スタート

    天文学入門講座スタート

    去る5月21日(土)、今年度の天文学入門講座がスタートしました。 天文学入門講座は毎年テーマを決めて天文学の基本について解説する講座です。今年度は星座がテーマで全4回です(回数は年度によってバラバラで過去には全10回だっ […]