• 広報ひらつかの取材

    広報ひらつかの取材

    平塚市の広報誌「広報ひらつか」の取材がありました。 取材対象は、最近話題の「メガロドン」と「軽石」。 メガロドンの歯の模型は京急油壺マリンパークよりご寄贈いただいたものです。 上の写真は平塚市長と説明をする野崎学芸員の様 […]

     
  • 神奈川県域ジオツアー「足柄エリア」を実施しました

    神奈川県域ジオツアー「足柄エリア」を実施しました

    秋期特別展「神奈川の大地 -1億年の記憶-」の関連事業として、野外観察会を実施しました。 今回は、生命の星・地球博物館の田口学芸員を特別講師としてお招きし、山北町谷峨周辺に露出する地層や化石などを観察しました。 谷峨の酒 […]

     
  • 昼間の月

    昼間の月

    ときどき「昼でも月が見えるんですね?」と聞かれることがあります。 そうです、青空の中に白い月の姿が見えることがあります。実は、晴れさえすれば毎月15日以上、日中に月を見ることができるのです。 月は太陽や地球との位置関係に […]

     
  • 道端の間違い探し

    道端の間違い探し

    先日は、今年度に入ってから3度目の民俗探訪会での野外活動を行いました。 昨年度と今年度のテーマは「地域の変貌」です。そのために明治や昭和の地図と現在の地図を照らし合わせてみたり、写真を使って過去と現在の比較をしながら歩い […]

     
  • 月食に向けて

    月食に向けて

    11月19日(金)に見られる“大”部分月食に向けて望遠鏡の工作行事を実施しました。 11月13日(土)・14日(日)に行われた体験学習「望遠鏡を作って月食を観察しよう」では、コルキットスピカという望遠鏡キットを組み立てま […]

     
  • 曽我兄弟ゆかりの地を歩く

    曽我兄弟ゆかりの地を歩く

    当館ワーキンググループ「東国史跡踏査団」は、“曽我兄弟の仇討ち”で有名な曽我兄弟ゆかりの地へ行って来ました。             

     
  • 土笛の野焼きをしてみました

    土笛の野焼きをしてみました

    先日、当館ワーキンググループ「古代生活実験室」で土笛の野焼きを行いました。   3年ぶりの土器焼きで、担当者は初の野焼きでした。今後のためにもここで流れを記録しておこうと思います。                     […]

     
  • 中勘助から新着資料へ

    中勘助から新着資料へ

    11月3日(土)を以て寄贈品コーナーで開催されていた「作家 中勘助の詩を詠む日々と平塚の自然」展が終了、ただいま寄贈品コーナーは展示替えの作業中です。 次は「新着資料展-民俗・歴史-」。2020年度に当館に新たに収蔵され […]

     
  • 2年ぶりの石仏めぐり

    2年ぶりの石仏めぐり

    去年はコロナで行えなかった平塚市内の石仏めぐりを2年ぶりに実施しました。 博物館のワーキンググループに「石仏を調べる会」があります。その会員が平塚市内の石仏を紹介して歩く「石仏めぐり」。今回は岡崎地区を歩きました。 岡崎 […]

     
  • 考古学入門講座開講

    考古学入門講座開講

    今年の考古学入門講座は「はじめての縄文時代」。 古墳時代を専門に研究してきたため、実は、担当者にとっても「はじめて」の縄文時代です。 「北海道・北東北の縄文遺跡」が世界遺産に登録され、注目されている今がチャンス?と、大量 […]