• 浜野学芸員の講義の様子

    平塚学講座始まる

    2011年から開催されている「平塚学講座」。平塚を総合的な視点で学ぶ分野横断型の講座で、座学の講義だけでなく野外実習を行うことが特徴です。 今年度の受講生の募集を6月1日から行ってきましたが、今年は30名を超える応募があ […]

     
  • 酢甕を台車で運ぶ様子

    酢甕 常設展示に

    春期特別展「ひらつかの家康伝説 -由緒と地域」と、それに続くポスト特別展で展示していた成瀬酢の酢甕が、昨日、2階常設展示室に移動されました。2階常設展示室、「失われたものたち」の前に設置、解説パネルも一新され、常設展示の […]

     
  • 望遠鏡の組み立て方を学ぶ天体観察会会員

    天体観察会定例会

    サークル活動紹介第2弾は天体観察会。自分で望遠きょぅを動かして星が見られるようなりたい、天体写真を撮りたい、といった人たち約60名が所属しています。今日はその天体観察会の定例会が行われました。 定例会は月に一度。前半は天 […]

     
  • 栗山学芸員が資料の固定方法を検討している様子

    「八幡山の洋館」展 展示作業

    昨日、搬入した資料の展示作業が本日、行われました。部材資料の中には大きいものもあり、狭いケースの中にいかに展示するかは学芸員の腕の見せ所です。 作業は予定よりも順調に進み、夕方前にはほとんど終わりました。展示は明日3月5 […]