わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵と高麗山の森<その他の高木> 平塚市博物館公式ページ

    高麗山のその他の高木

カゴノキの樹皮 ウラジロガシの葉 山頂の尾根に生えるモミ
●カゴノキの幹 ●ウラジロガシの葉 ●山頂に生えるモミ

博「タブノキとスダジイ以外で、高麗山で目立つ木にはどんな種類があるの?」
探偵「高麗山の木のもう一つの代表は、カゴノキだね。葉はタブノキを細くしたような感じで見分けにくいけど、幹の模様をみれば一目で分かるよ。」
物子「カゴノキっていう名は、カゴでも作ったわけ?」
探偵「ううん、そうじゃなくてね。樹皮が鹿の子マダラだから、カノコギと言っていたのが、カゴノキになったらしい。それから、もう一つはウラジロガシだ。丹沢には多い木だけど、丘陵地ではめずらしいね。」
博「葉っぱのへりが波打っているのが特徴なの?」
探偵「そう、いいところに気づいたね。それから、もう一つの高麗山の木の代表は、モミだ。山頂の岩がゴツゴツした尾根だけに何本か生えている。他にもいろいろな木の種類があるから、少しずつ調べてみてね。」


→ 自然探偵と高麗山の森
→ 自然探偵のトップへ
→ 平塚市博物館トップへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ