わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵、樹名板を語る<樹名板と動物> 平塚市博物館公式ページ

    樹名板と動物

ヤモリ ワラジムシのなかま
ヤモリ(尾が切れている) ワラジムシのなかま
クチキコオロギ コカマキリの卵
クチキコオロギ(小田原や三浦半島) コカマキリのたまご

探偵「もう一つ、知っておいてほしいのは、樹名板にすみつく動物も多いということだね。」
博「すみつくって、どこに?」
探偵「プラスチック製の樹名板の場合、幹との間に少しすき間ができるようになっているだろ。そこにいろんな動物が入るんだ。樹名板をそっとめくって見ると面白いよ。そういう樹名板はたいてい、バネでとめてあるから、少し持ち上げることができるしね。」
物子「手作りの場合にも、動物が入れるようにすき間を作るのは工夫できそうね。それもやってみましょうよ。」
探偵「だいぶ、イメージがわいてきたみたいだね。成功をいのるよ。」


→ 自然探偵、樹名板を語る
→ 自然探偵のトップへ
→ 平塚市博物館トップへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ