平塚市博物館 プラネタリウム番組案内
プラネタリウム投影番組のご案内
現在投影中 & これから投影予定のプラネタリウム番組のご案内です。投影日と投影時間は→  こちらをクリック
太陽と星の動き 6月20日(土)~7月12日(日)
  午前11時 午後2時(土曜日午前11時の回は除く)

北の空の星の動き

 星も太陽と同じように東から昇り、西に沈みます。北の星は時計と反対方向に回り、ほとんど中心に北極星があります。これらの動きは地球の自転による・・と、わかっていても、なかなか直感できないこの現象を、プラネタリウムで解決しましょう。

冥王星フライバイバイ 7月18日(土)~8月30日(日) 水・木・土・日曜日
  午前11時 午後2時(8月以降の第2・第4土曜日午前11時の回は除く)

冥王星を探査するニューホライズンズの想像図

 アメリカが打ち上げた探査機ニューホライズンズが前人未到の天体、冥王星にいよいよ接近します。冥王星はいったいどのような姿をしているのでしょうか? 番組では、宇宙探査の基礎や次々送り届けられてくる冥王星の最新画像について、詳しく解説します。

だれが おひさま かくしたの? 5月16日(土)~7月11日(土)の土曜日、8月以降の第2・第4土曜日
  午前11時

 動物たちはある日、おひさまが何者かに隠されるのを見てしまいます。それはおひさまがとても美しく変身したようでした。でも、おひさまをかくしたのはだれなのでしょう? カメのじいさまの力を借りて宇宙に飛び出し、おひさまを隠した”モノ”の正体を探りに行きます。

親子ほしぞらタイム!
5月16日(土)~7月11日(土)の期間中の幼児向け投影「だれが おひさま かくしたの?」は、小学生以下のお子さま一人につき保護者(父母限定)二人まで観覧料が無料になります。
夕凪の街 桜の国 7月18日(土)~8月30日(日)の土・日曜日、8月6日(木)、8月11日(火)~14日(金)
  午後3時30分

夕凪の街 桜の国 の投影の様子

 広島市出身のこうの史代さん原作の、原爆をテーマにしたコミック作品を、広島市こども文化科学館が「被爆地の科学館から平和を訴えたい」との思いでプラネタリウム番組化したものです。期間中の土・日曜日のほか、イブニング・ミュージアム・ウィークでも投影を行います。

星空と音楽の夕べ 7月・8月はお休みします
          

 太陽が西の地平線に沈んで夜が訪れると、一番星の登場が新たな星の世界を告げだします。昼間の喧騒が遠ざかり、星空が広がる静かな時の流れの中に身を置き、ゆったりと、ときには強く流れる音楽を聴く時ほど、大自然との一体感を感ぜずにはいられません。そんな至高のひと時をプラネタリウムでお届けしてまいります。