わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

片足で立つ

野鳥の観察 (1.歩く)

片足で立つ


鳥はしばしば片足で立っていること があります。地面にいる鳥はもちろんのこと、木の枝で休んでいる鳥もよく片足立ちになります。その時は、片方の足はおなかの羽毛の中に入れていることが多いので、片足立ちは体温が足から逃げるのを少なくするような保温の役目があると思われます。

P8-2





ページの先頭へ