わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ムラサキマムシグサ

湘南の種子植物 (サトイモ科)

ムラサキマムシグサ


Arisaema serratum 
(サトイモ科)
山麓から丘陵地の林下に生える多年草。市街地と高地を除く全域に広く分布し普通。5月頃開花し、苞は濃紫色だが淡緑色の個体もあってカントウマムシグサと呼ばれる。口部は耳状とならず、付属体の先はやや太くなって直径8−10mmになる。


ムラサキマムシグサ分布




ページの先頭へ