わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ウラシマソウ

湘南の種子植物 (サトイモ科)

ウラシマソウ


Arisaema thunbergii ssp.urashima
(サトイモ科)
山麓から丘陵地の林下に生える多年草。高地を除く全域に広く分布し普通。市街地でも社寺林で見られることがある。4月頃濃紫色の花をつけ、付属体の先が糸状になって長く花の外に伸びる。葉は1枚だけ。

ウラシマソウの花

ウラシマソウ分布




ページの先頭へ