わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ボタンヅル

湘南の種子植物 (キンポウゲ科)

ボタンヅル


Clematis apiifolia 
(キンポウゲ科)
山地、丘陵地の林縁や薮に生えるつる性の落葉木本。各地に広く分布し、普通で、特に山地では多い。8ー9月頃白い花をつける。母種は三出複葉のもので、2回三出するものはコボタンヅルと呼ばれ母種よりよく見られる。

ボタンヅルの花

ボタンヅル分布

ボタンヅルの実



ページの先頭へ