わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

オオマツヨイグサ

湘南の種子植物 (アカバナ科)

オオマツヨイグサ


Oenothera erythrosepala 
(アカバナ科)
園芸植物起源といわれる帰化植物で、川原、土堤などに生える二年草。高地を除く全域に広く分布し、かっては普通に見られたというが、現在では少ない。7ー8月に、花径8cmにおよぶ大型の黄色い花をつける。茎に生える毛の基部はふくれて赤い点となる。

オオマツヨイグサの花(守矢淳一氏撮影)

オオマツヨイグサ分布




ページの先頭へ