わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ヌカスゲ

湘南の種子植物 (カヤツリグサ科)

ヌカスゲ


Carex mitrata 
(カヤツリグサ科)
丘陵地の林下に生える多年草。各地で記録されたが少ない。一見アオスゲに似るが、線形の雄小穂は淡褐色で、果胞はほぼ無毛、鱗片の先端は平らか中肋がやや突出し、苞は短い刺状の葉身で鞘が発達し、鞘は白い膜質で中央が緑色を帯びる。鱗片の中肋が伸びて2mm前後の芒になるものはノゲヌカスゲと呼ばれ、苞には花序を越える葉身がつく。


ヌカスゲ分布




ページの先頭へ