わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

カタバミ

湘南の種子植物 (カタバミ科)

カタバミ


Oxalis corniculata 
(カタバミ科)
道端、畑などに生える地をはう多年草。全域に広く分布し多い。周年、黄色い花をつける。葉が小型で赤紫色をし、花弁の基部に赤斑があるものをアカカタバミと呼び、市街地の舗装された道端などの乾燥した環境に多い。中間的なものはウスアカカタバミと呼ばれる。葉の赤い特徴は押し葉では不明瞭になる。

カタバミの花

カタバミ分布

アカカタバミは舗装道路の路傍に多い



ページの先頭へ