わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

カラムシ

湘南の種子植物 (イラクサ科)

カラムシ


Boehmeria nivea ssp.nipononivea
(イラクサ科)
畑の周辺や土堤に生える多年草で、かっては繊維植物として利用されていた。各地の人里近くに広く分布し普通。葉は互生し、対生するヤブマオ類とは簡単に見分けられる。茎や葉柄には短くてねた毛が多く、葉の裏には白い綿毛が密生する。裏面の綿毛がなく緑色のものをアオカラムシと呼ぶ。

カラムシの花

カラムシ分布




ページの先頭へ