わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ナガハグサ

湘南の種子植物 (イネ科)

ナガハグサ


Poa pratensis 
(イネ科)
欧州原産の牧草起源の帰化植物で、市街地から山地までの路傍、土堤、芝地などに生える多年草。全域に広く分布し普通。根茎が長くはい、葉は幅2−4mmの線形で茎につく葉は短く、葉舌は1−2mmで低い。4ー5月に茎の先に小型の円錐花序をつけ、花序の枝はざらつく。護穎の側面はほぼ無毛で先端部はしばしば紫色を帯びる。多年生の本属に共通の特徴として、内穎の両側の稜には粗い短毛が生える。


ナガハグサ分布




ページの先頭へ