わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

マダラスズ

鳴く虫・はねる虫 (コオロギのなかま)

マダラスズ


Dianemobius nigrofascatus (MATSUMURA)
(コオロギ科)
体長6mm。もっとも普通に見られる種類で、疎らに草の生える荒れ地、畑、草丈の低い草地などにすみ、シバスズと共存することもある。市街地の駐車場などでも声が聞こえる。ジージージーと規則的に区切って鳴く。年2化の生活史を送っており、6月には1化目の成虫が姿を現す。後ろ足に斑模様があることからマダラスズの名がある。

まだらすず

マダラスズの分布

雄のマダラスズ(小杉正則氏撮影)



ページの先頭へ