わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

クチキコオロギ

鳴く虫・はねる虫 (コオロギのなかま)

クチキコオロギ


Duolandrevus sp.
(コオロギ科)
体長2.5〜3cm。大きなコオロギで翅は短く、体はやや平たい。森林性で、常緑広葉樹林にすみ、樹皮の間や立ち枯れた木の洞などに潜む。夜間活動してグリー、グリーーなどと鳴く。成虫になるまでに足かけ2年かかる。神奈川県では真鶴半島のクスノキ林に多いほか、三浦半島の各地に分布している。

くちきこおろぎ

クチキコオロギの分布

雄のクチキコオロギ

樹皮に潜むクチキコオロギ


ページの先頭へ