わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

アカエゾゼミ

鳴く虫・はねる虫 (夏の鳴く虫セミのなかま)

アカエゾゼミ


Tibicen flammatus (Distant)
(セミ科)
エゾゼミによく似たセミで、全体に橙色味が強いこと、前翅翅脈上のぼんやりした紋がエゾゼミとコエゾエミでは4カ所なのに2カ所しかないこと、♂の腹弁がエゾゼミよりも短いことなどで区別できる。山地に生息し、エゾゼミが針葉樹を好むのに対して、ブナ林など落葉広葉樹の自然林に限って生息する。ジィーーーと連続音で鳴く。出現期は8月を中心とする盛夏である。県内では、箱根乙女峠・台が岳、丹沢山塊世附国有林、箒沢などで記録があるのみで、局地的に分布するだけである。

アカエゾゼミの抜け殻

あかえぞぜみ分布




ページの先頭へ