わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ショウリョウバッタ

鳴く虫・はねる虫 (バッタ・イナゴのなかま)

ショウリョウバッタ


Acrida cinerea antennata MISTSHENKO
(バッタ科)
体長雄4〜5、雌8〜9cm。もっとも大きなバッタ類の一つで特に後ろ足は長い。褐色型と緑色型、斑紋がある型など色彩は変化にとんでいる。雄は小型で、飛ぶときにキチキチと音を立て、そのことからキチキチバッタの別名がある。茂った草原にすみ、各地で普通に見られる。

しょうりょうばった

ショウリョウバッタの分布

褐色型のショウリョウバッタ

産卵するショウリョウバッタ(小杉正則氏撮影)


ページの先頭へ