わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

イヌワラビ

湘南のシダ (オシダ科)

イヌワラビ


Athyrium niponicum  
(オシダ科)
市街地の路傍から山地までいたる所に生える夏緑性の多年草。ほぼ全域に分布し多い。根茎はやや長くはい50cm前後の葉を群がりつける。葉身上部は急に細まって頂羽片化し側羽片には柄がある。包膜はかぎ形。葉の表面の羽軸に沿って白色や紅色の斑が入るものをニシキシダと呼び、母種と共に広く分布するが少ない。

イヌワラビ(守矢淳一氏撮影)

イヌワラビの分布




ページの先頭へ