わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

カマツカ

カエルと淡水魚 (コイ科の淡水魚)

カマツカ


Pseudogobio esocinus
(コイ科)
コイ科としては変わった形の魚で、ハゼ類を思わせるやや上下に平たい体形、下向きの口、1対の口ひげ、体の斑模様などの特徴は、川底で生活する種類であることを示している。川の中流域の底が砂質の所にすみ、湘南では相模川に多く見られる。減少が心配される種類。


カマツカの形態図




ページの先頭へ