わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

中原D遺跡

平塚の遺跡

中原D遺跡

なかはらDいせき


中原に所在し、砂州・砂丘から砂丘間凹地に立地します。平成元年に調査が行われ、住居址4軒、ピット81本(掘立柱建物址の柱穴を含んでいる可能性がある)が検出されました。竪穴住居址は8世紀から10世紀に造られています。遺物は土師器、須恵器、灰釉陶器や転用硯等が出土しています。古代は居住地域と考えられます。

中原D遺跡_全体写真

中原D遺跡_5号住居址




ページの先頭へ