わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

行事案内

特別展

春期特別展 民具の物語
3月21日(木・祝)~5月6日(月))

投網や鍬などのなりわいの道具、桶や籠など日常生活の道具、ダイカイや幟などハレの日に使用されたものなど、懐かしの民具を寄贈者・使用者の思い出とともに展示し、平塚市におけるかつての暮らしの様子を紹介します。

春期特別展関連事業 講演会「民具を調べて分かること~平塚と相模原を比べてみると~」
3月31日(日)午後2時~午後4時 開場は午後1時30分
講師:加藤隆志氏(相模原市立博物館学芸員)
会場:講堂
参加:自由
定員:60人(先着順)

所変われば品変わる。鍬やクルリなどの農具、ダイカイなどの贈答の容器も地域によって種類や名称、形が異なります。平塚市と相模原市の民具を比較し、地域による違いとその背景を解説します。

春期特別展関連事業 特別展展示解説
3月23日(土) 午後1時~1時50分
会場:特別展示室
参加:自由

春期特別展「民具の物語」の見どころを担当学芸員が解説します。

展示

1階寄贈品コ-ナー 寄贈品コ-ナー展示「湘南の地質 ~ブラタモリでいえなかったこと~」
3月3日(日)まで

相模湾に面する湘南地域の地質とその成り立ちについて、NHK番組「ブラタモリ」で話せなかったことまで一歩踏み込んで紹介します。

1階寄贈品コ-ナー 寄贈品コ-ナー展示「空の光と色の不思議」
3月9日(土)~4月7日(日)

空を彩る虹や彩雲などの大気光学現象の原理を美しい写真とともに紹介します。

2階情報コ-ナー ミニ文化祭「高校生が一から調べた秦野の歴史~草山貞胤・湘南馬車鉄道・御旗奉行~」
3月23日(土)まで

神奈川県立秦野曽屋高等学校日本史研究部による展示。江戸末期から明治にかけて報徳思想を学んだ草山貞胤の活動や交流、森徳隣家文書から迫る湘南馬車鉄道の軌跡、秦野市内の古文書から明らかとなった御旗奉行の職務内容や役割を紹介します。

自由参加の行事

生物 体験学習「身近な自然を楽しもう~水田と雑木林の生き物紹介と小物作り体験~」
3月9日(土)午前10時~午後4時(時間内の出入りは自由です)
講師:東海大学教養学部 藤吉研究室
場所:講堂
定員:50名(先着順)
参加:自由
備考:混雑時にお待ちいただくことがあります。体験は材料がなくなったものは終了します。

金目川周辺の水田や西部の丘陵地の雑木林にいる生き物の紹介とそこで手に入れたものを利用した小物作り体験を行います。東海大学の学生さんによるイベントです。

民俗 平塚の石仏を語る「南金目の石仏」「庚申信仰と平塚の庚申塔」」
3月9日(土)午後1時~4時 開場は午前12時30分
講師:石仏を調べる会(平塚市博物館ワーキンググループ)
場所:講堂
定員:60名(先着順)
参加:自由

石仏を調べる会の会員が石仏の造形や意味をわかりやすくお話しします。

天文 天文学入門講座「宇宙図を読む 第4回『宇宙のつくりかた』」
3月24日(日)午後3時30分~午後5時 開場は午後3時15分
講師:塚田健(当館学芸員)
場所:講堂
定員:50名(先着順)

今年度のテーマは「宇宙図」。2018年3月に最新版が発行された「宇宙図」の見方を解説していきます。第4回(最終回)は宇宙がどのように誕生し進化したのかという、宇宙の成り立ちについて解説します。

申込制の行事

地質 相模川流域ジオツアー入門「大磯周辺の地層と史跡」
3月31日(日)午後1時~午後4時
場所:大磯駅~花水橋
定員:各20名(応募多数時抽選)
参加:往復はがきに行事名・住所、氏名、電話番号、希望する回を記入し、3月20日(水)(消印有効)までに申込。

大磯周辺を歩いて地層や史跡を観察し、地域のなりたちを学びます。

ご利用案内

行事に参加するには

参加募集の申し込み方法をご確認下さい。年間会員制の行事の会員募集は3月ころに行ないます。
なお行事のお知らせは当ホームページのほか、平塚市役所の広報誌「広報ひらつか」や、当館で発行する情報誌「あなたと博物館」(月刊)でも見ることができます。

申し込んだ行事に欠席する時は

電話で欠席するむねを連絡してください。特に、野外行事の場合には早めにご連絡を。

往復はがきでの申し込みについて

必ず、氏名・住所・電話番号を書き、返信用ハガキには自分の住所氏名を書いて送ってください。また、1枚のハガキでは、1つの行事だけを申し込んでください。家族の方の場合は、特に指示のない限り1枚のハガキでかまいません。
なお、定員のある行事では、応募が多数の場合には抽選を行います。
往復はがきの料金が124円に変更になっていますので、ご注意ください。

「あなたと博物館」の定期購読について
平塚市博物館の事業や近況は、博物館広報紙「あなたと博物館」(毎月1日ころ発行)にも掲載しています。
「あなたと博物館」を定期的に購読したい方は、封筒に送付希望期間分の82円切手(1年間の場合は12枚)と購読を希望する期間を書いたメモ(例:平成26年4月~平成27年3月)を入れて当館までご送付ください。(封書の表書きに「あなたと博物館申込」と赤字で書いてください。)

「あなたと博物館」はこちらからも閲覧できます。

ページの先頭へ