わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

行事案内

特別展

神奈川の遺跡展 潮風と砂の考古学
12月1日(土)~1月6日(日)

神奈川県内の沿海や低地遺跡の発掘調査成果を集めて公開します。

かながわの遺跡展関連事業 特別講演 最新!海《と》考古学 -海辺の遺跡の調査・研究- ①相模湾を眺めていた弥生時代の人々
12月8日(土)午後2時~4時
講師:杉山浩平氏(東京大学総合文化研究科特任研究員)
会場:平塚市博物館講堂
参加:神奈川県埋蔵文化財センター(TEL:045-252-8661)まで電話で申し込み
定員:80人(応募多数時抽選)
かながわの遺跡展関連事業 特別展展示解説
12月 8日(土)午前11時30分~午後0時30分
12月16日(日)午後 1時30分~午後2時30分
会場:特別展示室
参加:自由

「かながわの遺跡展」の見どころを担当学芸員が解説します。

自由参加の行事

天文 星を見る会「ふたご座流星群を眺めよう」
12月14日(金)午後7時~午後8時30分
場所:文化公園 噴水前広場
参加:自由

この日に極大を迎える三大流星群のひとつ、ふたご座流星群の観察にチャレンジします。はたして流れ星は見られるでしょうか?

考古 考古学入門講座「遺跡の歩き方」
講師:栗山雄揮(当館学芸担当長)
12月15日(土)午前10時30分~12時 開場は午前10時15分)
場所:教育会館実技研究室
定員:50名(先着順)

地域遺産の活用が求められる昨今、各地の遺跡整備が進められ訪ねる機会も増えてきました。インターネットでは得られない、現地で遺跡を見るうえでのポイントを紹介します。2回シリーズの第2回。

天文 天文学入門講座「宇宙図を読む 第1回『宇宙における距離』」
講師:塚田健(当館学芸員)
12月15日(土)午後1時30分~午後3時 開場は午後1時15分
場所:教育会館実技研究室
定員:50名(先着順)

今年度のテーマは「宇宙図」。2018年3月に最新版が発行された「宇宙図」の見方を解説していきます。第1回は宇宙図の基本となる、宇宙における距離について考えます。

申込制の行事

地質 相模川流域ジオツアー入門 「湘南平周辺の地形と地層」
①12月22日(土)午後1時30分~午後4時30分
②1月6日(日)午後1時30分~午後4時30分
場所:湘南平~大磯駅
定員:各20名(応募多数時抽選)
参加:往復はがきに行事名・住所、氏名、電話番号、希望する回を記入し、12月12日(水)(消印有効)までに申込。

湘南平周辺を歩き、大磯丘陵のなりたちを学びます

民俗 体験学習「お飾りをつくろう」
12月22日(土)午前10時30分~午後3時
場所:博物館1階 講堂
定員:30名(応募多数時抽選)
往復はがきに行事名・住所、氏名、電話番号を記入し、12月13日(木)(消印有効)までに申込。

今年の稲わらを使って、お正月の玄関飾りや一文飾りをつくります。

ご利用案内

行事に参加するには

参加募集の申し込み方法をご確認下さい。年間会員制の行事の会員募集は3月ころに行ないます。
なお行事のお知らせは当ホームページのほか、平塚市役所の広報誌「広報ひらつか」や、当館で発行する情報誌「あなたと博物館」(月刊)でも見ることができます。

申し込んだ行事に欠席する時は

電話で欠席するむねを連絡してください。特に、野外行事の場合には早めにご連絡を。

往復はがきでの申し込みについて

必ず、氏名・住所・電話番号を書き、返信用ハガキには自分の住所氏名を書いて送ってください。また、1枚のハガキでは、1つの行事だけを申し込んでください。家族の方の場合は、特に指示のない限り1枚のハガキでかまいません。
なお、定員のある行事では、応募が多数の場合には抽選を行います。
往復はがきの料金が124円に変更になっていますので、ご注意ください。

「あなたと博物館」の定期購読について
平塚市博物館の事業や近況は、博物館広報紙「あなたと博物館」(毎月1日ころ発行)にも掲載しています。
「あなたと博物館」を定期的に購読したい方は、封筒に送付希望期間分の82円切手(1年間の場合は12枚)と購読を希望する期間を書いたメモ(例:平成26年4月~平成27年3月)を入れて当館までご送付ください。(封書の表書きに「あなたと博物館申込」と赤字で書いてください。)

「あなたと博物館」はこちらからも閲覧できます。

ページの先頭へ