わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

石材図鑑 玉石3 (富士川系)

平塚市博物館公式ページ

     石材図鑑ロゴ−平塚の街でみられる地球の歴史−

 



玉石3 (富士川系)

富士川系の玉石(各種混在型) 富士川系の玉石(硬砂岩型)
▲ 富士川系の玉石(各種混在型) ▲富士川系の玉石(硬砂岩型)
  平塚市南原1丁目      厚木市戸田
 御坂・巨摩山地の凝灰岩と四万十層群の砂岩が混じる  瀬戸川層群起源の砂岩・頁岩・千枚岩を用いている
  富士川系玉石は相模川系とよく似た組成を示します。御坂・巨摩山地の凝灰岩と火成岩、四万十層群(瀬戸川層群)の砂岩・頁岩などからなります。相模川系玉石との相違は、以下の点です。
 1 丹沢でよく見られる火山礫凝灰岩が少ないこと、
 2 緑色玄武岩を多量に含むこと、
 3 石英質岩があること、
 4 瀬戸川層群の千枚岩があること、
 5 硬砂岩は黒色頁岩礫を多量に含み礫岩状をなすこと、
 富士川系玉石は山梨県南巨摩郡身延町の富士川から採取されたものです。相模川からの採取が禁止されて以来、富士川系の玉石が神奈川県内に多量に入ってきており、古い相模川の玉石が置き換わっています。富士川系玉石には、緑色玄武岩型、硬砂岩型、各種混在型の3つの型があります。
富士川系の玉石(緑色玄武岩型) 富士川系の緑色玄武岩
▲富士川系の玉石 (緑色玄武岩型) ▲富士川系の緑色玄武岩礫
  平塚市西八幡2丁目   山梨県南巨摩郡身延町八木沢
 緑色玄武岩礫のみを利用している   巨摩山地には緑色玄武岩が多量に含まれる
白鳳石の河原 フォッサマグナ断層の河原
▲緑色玄武岩は白鳳石として庭石に利用される 白鳳石のとれるフォッサマグナ断層のある河原 (断層右側が巨摩層群、左側が瀬戸川層群)
  山梨県南巨摩郡早川町新倉   山梨県南巨摩郡早川町新倉
富士川石の集積 富士川玉石のモニュメント
▲富士川玉石の集積 ▲富士川玉石のモニュメント
  山梨県南巨摩郡身延町波高    平塚市高村 高村公園
富士川系の川原石の塀基礎 富士川系の玉石の塀基礎
▲富士川系の玉石を使った塀基礎 ▲富士川系の玉石の塀基礎
  平塚市千須谷   平塚市大島
スケールバーは1cm


次へ

石材図鑑へ戻る

大地の窓へ戻る

 博物館トップへのリンク

平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949

ページの先頭へ