わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵/不思議な漂着物全体

全体を見てみると


乾燥したミカン表面乾燥したミカンの裏側

 「あっ、やっぱりミカンだ。」A君がうれしそうに叫びました。丸い形や全体の皮のようすは、確かにミカンに違いありません。
 「裏の方も見せてあげるね。」探偵は、その不思議な物を手にとって裏側を見せてくれました。
 「すじが残っているね。」 「確かにミカンだ。」 「でも、なんだか変だね。」 「そう、どうしてこんなにかたくなったんだろう?」 「それにミカンって、普通ははじからむいていくよね。どうしてこんな形になったんだろう?」 「真ん中に開いている穴は何だろう?」 「それって、ぐうぜんあいたんじゃないの?」
 こんなことを話していると、探偵がこんなことを言い出しました。「みんなの言う通り、このミカンには不思議な点がいくつもある。なぜ輪切りにしてあるのか?なぜかちかちにかたまっているのか?なぜ真ん中に穴が開いているのか?この3つを全部説明できる『ミカンの使い方』があるんだ。さあ、みんな考えてごらん。」
 よく、自分で考えた人だけ、次のページを見てもいいよ!!


もどる
自然探偵のトップへ
平塚市博物館トップページへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949

ページの先頭へ