わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵/テントウムシ

テントウムシとハムシ

 3月に入ると、日だまりの枯れ草の上にはいろいろな虫たちも顔を出すようになります。ひときわ目立つのは、だいだい色に黒い点々をつけたナナホシテントウでしょう。同じような配色の虫に、スイバやイタドリの新芽についているイタドリハムシがあります。どちらもつやつやした羽が春の光を反射してまぶしく感じられます。ナナホシテントウのようなテントウムシのなかまは、鳥におそわれると嫌な味のする黄色い液を出して身を防いでおり、その派手な模様は、自分が嫌な味だということをPRする役目を持っていると説明されています。ハムシの方は、どうやらその模様を真似て、鳥に警戒心を起こさせているもののようです。

ナナホシテントウ イタドリハムシ
ナナホシテントウ イタドリハムシ

自然探偵春を探すへ
自然探偵のトップへ
平塚市博物館トップページへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ