わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵とカワウの観察<> 平塚市博物館公式ページ

白髪(しらが)のカワウがいるのはなぜ?

成鳥の夏羽と冬羽 幼鳥
成鳥の夏羽(右)と冬羽(左) 幼鳥


博「カワウの写真を見ていると、白髪(しらが)が生えているようなのがいるけど、これはおじいさんなの?」
探偵「いいことに気づいたね。頭に白い羽が生えているカワウは、成鳥つまり大人で、しかも夏羽(なつば)。夏羽というのは、巣作りや子育ての準備がととのっているということだね。よく見ると足の付け根のあたりが四角く白くなっているだろ。この白い部分はホワイトポケットと呼ばれているけど、やはり夏羽のしるしだね。」
博「夏羽があるということは、冬羽もあるの?」
探偵「そうだね。2羽並んでいる写真で、左の方は全身が黒くて、白い羽がないね。これが冬羽だ。1羽だけ写っている写真は、全体に茶色っぽくて、おなかの方が淡い色をしているでしょ。こっちは若い鳥だ。」


→ 「自然探偵とカワウの観察」のトップへ
→ 自然探偵のトップへ
→ 平塚市博物館トップへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ