わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

平塚市博物館自然探偵/クズの虫

平塚市博物館公式ページ

クズでくらす虫たち

 いきおいよくつるを伸ばしているクズは、夏の終わりに赤紫色の花をつけます。この花は、秋の七草の一つで、顔を近づけるとブドウジュースのような甘い香りがします。クズの茂みをよく見ると、その上でいろいろな虫たちが生活しているのが分かります。それぞれの虫がどうやってクズを利用しているのかに注目してみましょう。

クズの花 コフキゾウムシとその食べ跡 クズのつるに群がるマルカメムシ
      クズの花  コフキゾウムシとその食べ跡   つるに群がるマルカメムシ
ウラギンシジミの成虫 ホソヘリカメムシ オジロアシナガゾウムシ
ウラギンシジミの成虫(幼虫がクズを食べる)     ホソヘリカメムシ   オジロアシナガゾウムシ

林のマントのメニューにもどる
自然探偵のトップへ

平塚市博物館トップページへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ