わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵/ハシブトガラスとハシボソガラス

ハシブトガラスとハシボソガラス

ハシブトガラスとハシボソガラスの頭の比較
物子「カラスに2種類あるって、どういうこと?」
探偵「日本全体ということになると、5〜6種類も黒いカラスがいるんだけどね。神奈川県で普通に見られる種類はハシブトガラスとハシボソガラスの2種類なんだ。」
博「どこが違うの?」
探「それが案外難しい。まず頭の形を見るんだけど、くちばしが太くておでことの間に段差があるのがハシブトガラス、くちばしが細目で段差がないのがハシボソガラスだ。」
物「そんなこと分かるかしら。」
探「正確には双眼鏡を使わないと難しいね。鳥の観察には双眼鏡が必需品だ。」
博「声は同じなの?」
探「だいたいは、カアって澄んだ声で鳴けばハシブト、ガアと濁った声で鳴けばハシボソなんだけど、いつも聞き分けられるとは限らないよ。」
物「ふーん。カラスの観察って難しいんだ。」
探「がっかりすることはないよ。冬のねぐらは、ハシブトガラスもハシボソガラスも一緒に使うから、種類の違いを気にしないで記録をとればいいんだ。」


「カラスを大追跡」のトップへ
自然探偵のトップへ
平塚市博物館トップページへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ