わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

平塚市博物館/紅葉と黄葉
平塚市博物館公式ページ

紅葉黄葉

イロハモミジの紅葉

 平塚では、高山や北国のように一面の紅葉という景色は見られませんが、よく探してみると、身近なところでもいろいろな木が色づき、秋らしさを演出しています。
 イロハモミジ(写真/右)は、関東から西では、どこでも紅葉の主役の一つで、平塚でも丘陵地の所々に生えています。お寺の境内などにもよく植えられています。平塚では、12月に入ってからが紅葉の盛りなので、少し霜がおりた頃に、探してみるとよいでしょう。「いろはにほへと」と数えられる、7つに切れ込みの入った葉が特徴です。
 同じカエデの仲間でも、エンコウカエデは黄色く色づきます。また、平塚の丘陵地で赤く色づく木としては、コマユミ・ヌルデ・ヤマハゼなどがあります。

エンコウカエデの黄色い落ち葉 コマユミの紅葉
黄色いエンコウカエデの落ち葉 赤く色づいたコマユミ

 

「落ち葉で遊ぶ自然探偵」へ
自然探偵のトップへ

平塚市博物館トップページへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ