わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵と消えた干潟<タイトル> 平塚市博物館公式ページ

 自然探偵シルエット    自然探偵と消えた干潟

相模川河口干潟を群飛するハマシギの群れ博「ねえ、探偵。ちょっと質問があるんだけど、平塚に昔、渡り鳥の楽園があったってほんと?」
物子「私もお父さんに聞いたことがあるわ。確か相模川の河口あたりとか。」
探偵「そうか、相模川河口にあった干潟(ひがた)のことは、もう昔話になってしまったんだね。」
博「干潟って、どんな場所のことなの?」
探偵「海の潮(しお)が1日に2回満ちたり引いたりするのは知っているよね。潮が引いた時に泥地が現れるような場所を干潟と呼ぶんだ。大きな川の河口あたりとか、東京湾のような大きな内湾の奧の方にできることが多いよ。」
物子「相模川河口の場合は、どのくらいの大きさの干潟だったの。」
探偵「200m四方くらいの小さな小さな干潟だったんだけどね。集まってくる水鳥の種類と数は、けっこう多かったよ。特に春と秋の渡りの季節には、何十種類もシギやチドリのなかまが観察できたよ。それで、渡り鳥の楽園と呼ばれていたんだ。」
博「写真に写っているのは何という鳥なの?」
探偵「これはハマシギという種類だね。毎年、200羽くらいが河口で冬を越していたから、こうやっていっせいに飛ぶようすがよく見られたよ。」
物子「その干潟がなくなったなんて残念だわ。」
探偵「本当に残念だ。今日は、干潟の動物のこと、渡り鳥のことをいろいろ紹介しようね。ところで、相模川河口については『相模川河口の自然を守る会』や『相模川河口鳥類観察グループ』があって、長年調査や保護活動を続けてきたんだ。そういう会の資料を見たければ博物館に連絡するといいよ。」

キアシシギ ユリカモメ
キアシシギ ユリカモメ

   → 河口干潟/地形の変化
   → 泥の中の動物たち
   → いろいろなくちばし
   → チュウシャクシギの渡り
   → 
釣り糸事故


→ 自然探偵のトップへ
→ 平塚市博物館トップへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ