わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵/羽はいつ抜ける

平塚市博物館公式ページ

羽はいつ抜ける

カラスの羽 鳥の羽が落ちている原因にはいろいろなケースがあります。たくさんの羽がまとまって落ちている時は、タカなどに襲われて、羽をむしられたことが多いでしょう(→飛び散った羽毛)。
 一方、1枚だけの羽が落ちていた時は、自然に抜けかわった場合が多いと思われます。そうした場合には、写真のカラスの羽のように、軸が付け根まできれいに残っています。タカに襲われた場合には、少なくとも一部の羽の軸が引きちぎられたようになっています。
 どんな鳥も少なくとも1年に1回は、全身の羽が抜けかわって新しくなります。それを換羽(かんう)と言います。多くの陸の鳥では、換羽は夏から初秋にかけて起こります。また、大型の鳥の中には、換羽に数年を要するものもいます。

「羽を拾う」メニューへ
自然探偵のトップへ
平塚市博物館トップページへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ