わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵と樹液酒場<title> 平塚市博物館公式ページ


自然探偵シルエット   自然探偵と樹液酒場(じゅえきさかば)

物子「夏休みも、もうなかばね。」
博「なにを言ってるんだか。まだ4分の1が過ぎただけじゃない。」
物子「そうは言っても、なんかだらだらしているうちに、あっというまに休みが終わりそうな感じがするのよ。」樹液に集まるカナブン
探偵「小学生とは思えない発言だね。もう少し、しゃきっとしてほしいな。」
博「探偵は、小学生のころ、どんな夏休みのすごしかたをしていたの?」
探偵「なんと言っても雑木林だね。樹液の出ている木を見つけておいてね、1日に何回も見回りに行ったものさ。朝早くとか、夜に懐中電灯をつけて行ったりね。」
物子「カブトムシを探したわけ?」
探偵「カブトムシもたくさんいたけどね。樹液に集まる虫はそれだけじゃないんだよ。」
博「今でも、樹液が出ている木は見つかるかな。」
探偵「だいじょうぶ。雑木林に行けばかならず見つかるよ。」
物子「たいくつだから、連れてってもらおうかな。」

博「ところで、樹液にはどうして虫が集まるのかな?」
物子「樹液には甘みがあるからじゃないの。」
探偵「それだけでは正解とは言えないね。確かに、幹の傷(みきのきず)からしみ出してきた樹液には、糖分(とうぶん)がふくまれているけど、それが細菌(さいきん)の力でアルコールに変わるんだね。その匂いが虫を引きつけるんだ。」
物子「じゃあ、樹液酒場(じゅえきさかば)というわけね。」
博「昼間から、よっぱらている虫もいるというわけか。」

  → 樹液の出る木
  → 昼の樹液酒場
  → 夜の樹液酒場


→ 自然探偵のトップへ
→ 平塚市博物館トップへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ