わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵と氷と雪の季節<霧氷>

平塚市博物館公式ページ

霧氷(むひょう)

博「今朝は気持ちよかった。丹沢がまっ白に見えたんだよ。」
物子「きのうの雨が、山では雪だったということね。」
探偵「今朝みたいに、丹沢の山全体が白く見える時は、雪が積もっただけじゃなくて霧氷(むひょう)がついたことが多いね。」
博「霧氷って何なの?」
探偵「山によく出る霧(きり)が小さな水滴(すいてき)だということは知ってるね。その霧が木の枝に凍りついたのが霧氷だ。木の枝一面に霧氷がつくと、すごくきれいだよ。」

一面の霧氷

リョウブの枝につた霧氷

えびのしっぽ

一面の霧氷(むひょう)

リョウブの枝についた霧氷

発達した霧氷は「えびのしっぽ」と呼ばれる


→ 「自然探偵と氷と雪の季節」のトップへ
→ 自然探偵のトップへ
→ 
平塚市博物館トップへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ