わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ハヤニエはどこに作られるか

平塚市博物館公式ページ

ハヤニエはどこに作られる?


探偵「だいぶハヤニエを見つけたみたいだけど、どんな所に作られていたのが多かった?」
博「なんといってもバラ線だね。」
物子「そうそう、工場とか空き地の回りにバラ線が張ってあるでしょ。その尖った針金の先に並んでいるのよね。」
博「多いところだと、いっぺんに5つも6つも見つかったよ。」
物「他には木の枝とか刺ね。ウメの木に多かったみたい。」
博「竹に刺してあるのも見つけたよね。」
探「へえ、そいつは珍しい。僕も見たことがないよ。すっかりハヤニエ博士になったね。」

ハヤニエ写真提供/白銀正彦さん

バラ線(鉄条網)に刺されたエンマコオロギ 枝に刺さったオサムシの幼虫 竹に刺されたアマガエル
鉄条網に刺さったエンマコオロギのハヤニエ 木の枝に刺さったオサムシの幼虫のハヤニエ 竹に刺さったアマガエルのハヤニエ


   

→ 戻る

→ 自然探偵のトップページへ

→ 博物館トップページへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-394

ページの先頭へ