わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵校庭を歩く 平塚市博物館公式ページ


鳥の日なたぼっこ

羽を干すカワウ 羽を広げて日光浴をするアオサギ
カワウ(平田寛重氏撮影) アオサギ(平田寛重氏撮影)


物子「カワウが羽を広げているのはよく見るわね。」
博「日なたぼっこというより、羽を干している感じがするね。」
探偵「なかなかするどい観察をしているね。博君の言う通り、カワウやウミウの場合は、日なたぼっこに特別の意味がある。ウのなかまは、水にもぐるのが得意なんだけど、深くもぐれるように羽が水をはじかないようになっているんだ。水をはじくと、体が浮きやすくなってしまうからね。そこで、水から出た時に羽を広げて干さないといけない。ぬれたままでは、体が冷えてしまうからね。」
物子「アオサギが変なかっこうをしているのも同じ理由なの?」
探偵「アオサギの羽は水をはじくから、ウとはちがうね。他の鳥でも日なたぼっこをしていることがあるけど、羽を日光にあてて消毒するような意味があるらしいよ。」
博「動物の日なたぼっこは体温を上げるためだけじゃないんだね。」

→ 「動物の日なたぼっこ」のトップへ
→ 自然探偵のトップへ
→ 平塚市博物館トップへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ