わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵と冬も緑の草たち<ヨモギ> 平塚市博物館公式ページ

    ヨモギ<冬ごしのすがたを持つ多年草>

ヨモギの越冬葉<もち草> ヨモギの冬越しの姿


博「ヨモギって、もち草のことでしょ。」
物子「私もつんだことがあるわ。草餅(くさもち)を作ったのよ。」
博「いい香りがするし、緑色のお餅はきれいだよね。」
探偵「今度、つみ草をする機会があったら、根っこをほってごらん。前の年に枯れた茎とつながっているのが分かるよ。ヨモギの場合は、背が高く伸びていた枝のほとんどは枯れてしまうけど、地下茎(ちかけい)をのばしてその先に冬越しの葉をつけるんだね。」
物子「もち草は、ヨモギの冬のすがたっていうわけね。」
探偵「もう一つ面白いことがある。右の写真を見てごらん。これは、もう3月になって冬を越した葉が少し伸び出した頃の写真なんだけど、前の年の茎が枯れたまま残っている。少し分かりにくいけど、赤い矢印のところは秋に花がさいた枝だ。それはすっかり枯れているね。青い矢印は花のつかなかった枝で、その先には緑の葉が少し生き残っている。ヨモギの場合は、こういう冬越しのすがたも持っているんだ。」


→ 次へ
→ 自然探偵と冬も緑の草たち
→ 自然探偵のトップへ
→ 平塚市博物館トップへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ