わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵とドバトのくらし<ドバトの行動> 平塚市博物館公式ページ

ドバトの行動/観察のポイント

探偵「ドバトは野鳥ではないとは言っても、身近にたくさんいる鳥だから、行動観察にはもってこいだ。じっくり見てみるといいよ。」
博「どんなことに目を向ければいいのかな?」
探偵「まず、何を食べているか観察してみてごらん。公園にいるドバトは、人のあげた豆なんかを食べているけど、河原や畑にいるハトは何を食べているんだろうね。水を飲むところも観察には面白い。ほかの鳥は、水を口に含むと、上を向いて飲み込むけど、ハトのなかまは下を向いたままゴクゴク飲めるんだよ。」
物子「私、へんな形をしたドバトを見たことがあるわ。地面に羽を広げたままうずくまっている感じだったの。」
探偵「それは、きっと日光浴だね。羽を開いて、日光にあてて寄生虫を追い払うんだ。」
博「ぼくも変わったシーンを見たよ。首をふくらませて、もう1羽の方に向かって歩いていくんだ。」
探偵「みんな、けっこうドバトの観察をしているね。博君の見たのはオスのドバトがメスにプロポーズしていた求愛(きゅうあい)のようすだね。首をふくらませている方は、クックークックーと鳴いていなかったかな。」
博「そこまでは、気がつかなかったな。今度は、そこに注目すればいいわけだね。」

スナック菓子を食べるドバト 求愛するドバト
スナック菓子を拾う 首の羽毛を広げて求愛する

→ 自然探偵とドバトのくらし
→ 自然探偵のトップへ
→ 平塚市博物館トップへ

平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ