わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

自然探偵とドバトのくらし<ドバトの餌付け> 平塚市博物館公式ページ

ドバトの餌付け

物子「公園でドバトに餌をやっている人がいるけど、あれはいいことなのよね。」
博「ぼくは疑問だな。外来生物をふやすのはよくないって聞いたけど。」
物子「でも、動物を可愛がる気持ちは大切なんじゃないのかな。」
探偵「これは、なかなか難問なんだ。全体にドバトは増えていて、それがいろいろな問題を起こしている。建物をねぐらにしていると糞(ふん)が建物を汚すし、畑でまいたたねをほじくり出して食べてしまうこともある。一方で、かわいがって餌をやっている人がいて、一方で被害にあっている人がいるというのはおかしいだろ。」
物子「でも、誰も餌をやらなくなってドバトが死んだらかわいそうじゃない。」
探偵「物子ちゃんの気持ちはわかるけど、被害の大きいところでは、駆除(くじょ)といってわなでドバトをつかまえて殺してしまうことも多いんだ。餌付けがドバトの数をふやして、駆除の原因となっているとしたら、ドバトのためになっているとは言えないよね。餌付けをするのは、もうやめて、自分の力で生き残れるドバトだけにしていくのが、まず必要じゃないかとぼくは思うよ。」

ドバトの餌付け
餌付けをする人

→ 自然探偵とドバトのくらし
→ 自然探偵のトップへ
→ 平塚市博物館トップへ

平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ