わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

君も自然探偵/ママコノシリヌグイ

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)


ママコノシリヌグイの花物「この花は、ミゾソバによく似ているわね。」
探「どこか、違うところが見つかるかい。茎にさわってみると分かるよ。」
博「ほんとだ、すごくざらざらしている。」
探「この草の名は、そのざらざらした刺があることと関係していて、ママコノシリヌグイって言うんだよ。」
物「1回じゃ覚えられくらい長い名前ね。ママコって何?シリヌグイって、お尻をふくっていうこと?下品な名ね。」
探「親が亡くなったり離婚したり、養子をもらったことが原因で、子供が血のつながっていないお母さんに育てられる場合があるでしょ。その時のお母さんが"まま母"で、子供が"まま子"なんだ。昔話には、よくまま母がまま子をいじめる話が出てくるんだけど、この草の名前はそこから付けられた。とげのある草でお尻をふいて、まま子をいじめるというんだね。」
博「なんだか、残酷だね。でも一度聞くと忘れられないかな。」
探「もし、君たちがこの草に名前をつけるとしたら、どんなのを思いつく?」
物「私にぴったりの名前を考えたわ。"箱入り娘のかんざし"。」
・・・・

花の名の由来<秋の巻>メニューへ

自然探偵のトップへ

平塚市博物館トップページへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949
ページの先頭へ