わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

早川・黄瀬川・富士川・多摩川の砂

平塚市博物館公式ページ

「山から海への砂の旅」

早川・黄瀬川・富士川・多摩川の砂


●早川系
 早川は箱根仙石原から流れ、湯本で須雲川を合わせ相模湾に注ぎます。この川の砂は箱根の安山岩類が主体ですが、基盤の凝灰岩類も含まれます。
●黄瀬川系
 黄瀬川は箱根乙女峠に源を発し、愛鷹火山と箱根火山の間を南流して駿河湾に注いでいます。従って、富士火山の黒い玄武岩溶岩と箱根火山の灰色の安山岩溶岩の砂とが、混合しています。河口に位置する沼津市の海岸は、黄瀬川の砂ではなく富士川系の砂礫からなり、富士川による砂礫の運搬の大きさを知ることができます。
●富士川系
 富士川は上流部を釜無川と呼び、甲斐駒ヶ岳から流れます。甲武信ヶ岳から流れる笛吹川、北岳から流れる早川を併せて南流し、下流で芝川を併せて、駿河湾に注ぎます。それゆえ、富士川の砂は種類が豊富で、巨摩や御坂山地のグリーンタフ・赤石山地の頁岩や砂岩類・甲斐駒ヶ岳などの花崗岩類等からなり、相模川の砂組成と似ています。
●多摩川系
 奥秩父から流れる多摩川はジュラ紀の付加体である秩父中古生層・四万十帯の小仏層群からなる関東山地を流れ、砂岩や頁岩・チャート・石灰岩などの砂からなります。

早川上流の景観

早川の砂

▲早川上流の景観 (箱根町宮ノ下 堂ヶ島)

▲早川 (箱根町宮ノ下 堂ヶ島・6倍)

富士川中流の景観

富士川の砂

▲富士川中流の景観 (富士宮市沼久保 蓬莱橋)

▲富士川  (富士市 富士川橋・12倍)

駿河湾岸 沼津の砂

御殿場 黄瀬川の砂

▲駿河湾岸 (沼津市千本松原・12倍)

▲黄瀬川 (御殿場市竈・6倍)

多摩川下流の景観

多摩川の砂

▲多摩川下流の景観 (世田谷区玉堤)

▲多摩川 (世田谷区玉堤・6倍)

→「山から海への砂の旅」へ戻る

→大地の窓へ戻る


平塚市博物館トップページへ
  

平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949

ページの先頭へ