わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

石ころ図鑑 堆積岩(丹沢の凝灰岩 5)

平塚市博物館公式ページ

石ころ図鑑  −相模川・金目川・酒匂川流域編−



堆積岩(丹沢の凝灰岩類 5)
 

安山岩質火山角礫岩 安山岩質火山角礫岩
▲安山岩質火山角礫岩 ▲安山岩質火山角礫岩 [デブライト]
 秦野市水無川上流・本谷川  秦野市水無川上流・本谷川
色調の異なる数種類の火山岩塊を含んでいます。火山岩塊が基質よりも多いので火山角礫岩になります。かなりの礫の周辺は急冷しガラス質になっています。火山岩塊を埋める基質は脱ガラス化して白色化しています。ハイアロクラスタイトの一部かその二次堆積物である可能性があります。 基質が少なく、褐灰色と緑灰色の火山岩塊を含む火山角礫岩です。褐灰色の礫は細粒で緻密な安山岩であり、周辺が急冷した構造を持っており、本質物質ですが、緑色の礫にはそうした構造は見あたりません。従ってこの岩石は本質物質を多量に含むものの、エピクラスティックな火山角礫岩で、土石流として運ばれたデブライトと考えられます。
安山岩質火山角礫岩 集塊岩
▲安山岩質火山角礫岩 [ハイアロクラスタイト] ▲ 集塊岩
愛川町田代平山橋・中津川  山北町世附・世附川
火山岩塊を多量に含んでいます。大部分は同質の礫からなりますが、暗黒色や褐色の火山岩礫も含まれています。基質は脱ガラス化して白味を帯びています。ハイアロクラスタイトの可能性があります。 火山角礫岩の中に含まれる火山岩塊は、周辺に急冷層を持ち、内部が多孔質になっており、火山弾の特徴を持っています。こうした火山弾を含む火山角礫岩を集塊岩といいます。これは本質的な堆積物であり、火山本体が近くに存在することを暗示しています
含赤色泥岩礫安山岩質凝灰角礫岩 安山岩質凝灰角礫岩
▲含赤色泥岩礫安山岩質凝灰角礫岩 [デブライト] ▲安山岩質凝灰角礫岩 [デブライト]
 秦野市菖蒲・四十八瀬川  愛川町田代平山橋・中津川
大きな火山岩塊を含む凝灰角礫岩です。赤褐色のチャート様の礫は泥岩で、ちぎれた様子を呈し、未固結時に取り込まれたものと考えられます。現在の深海底3500m以深には赤色粘土が堆積していることが知られており、凝灰岩中のこの赤色泥岩もそうした深海底で堆積したことを暗示するものと考えられています。 異なる色調・岩相の数種類の火山岩塊を含んでいます。礫は角ばっており、円磨されていません。中央下の安山岩礫は周囲が赤褐色に酸化しています。こうした酸化は海中では起こり得ないので、火山が海面上に存在していたことを物語っています。多種類の礫を含む角礫岩は、火山活動による本質的なものではなく、エピクラスティックな凝灰角礫岩で、海底土石流により運ばれたものといえます。



石ころ図鑑へ戻る

大地の窓へ戻る

 博物館トップへのリンク

平塚市博物館 254-0041 神奈川県 平塚市 浅間町12-41
電話:0463‐33‐5111 Fax.0463-31-3949

ページの先頭へ