わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

金星食

平塚の星空 (天文現象1978〜1997)

金星食


星食
星食は、星が月に隠される現象です。日食や月食とちがって、隠れてしまっている間はただの月しか見られませんので、隠される瞬間と再出現の時を観察します。星座を構成するようなふつうの星は、点像なので一瞬に消え、また一瞬に現れます。金星や火星などの惑星は面積をもって見える天体なので、徐々に隠され、徐々に出現します。
金星食
宵の明星が月齢4 の月に隠される現象でした。平塚では金星が月の南部の縁近くに潜入、出現しました。惑星は小さいながら面積を持っているので、ゆっくり潜入、出現するようすが見られます。金星の表面輝度は月より明るく、このため月よりも輝いて見えました。出現は、細いたおやかな月から、光り輝く涙がこぼれる瞬間を見るようでした。

1989年12月2日の金星食 広角レンズによる潜入前

1989年12月2日の金星食 望遠鏡による潜入と出現

望遠鏡による出現直後の拡大図



ページの先頭へ