わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

96.拓本「霧降瀑碑」

平塚市博物館 こだわりの100選

96.拓本「霧降瀑碑」


平塚八景のひとつ、霧降の滝の由来を記した碑の拓本です。武州忍藩(松平氏10万石・埼玉県行田市)の藩士千賀某に、吉沢村の人で売薬を業とする二宮石翠が碑文を依頼し、天保4年(1833)5月建碑されたことがわかる貴重な拓本です。元の碑は磨耗のため読み取りづらくなっています。
(市史)

ページの先頭へ