わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

擬傷

野鳥の観察 (6.コミュニケーション)

擬傷


地上を歩いていた鳥が、突然、翼をだらりと下げ、いかにも怪我をしているようなしぐさを始めることがあります。こちらに注意を払いながら、徐々に遠方に離れていくこの行動は「擬傷」と呼ばれています。チドリ類・イソシギ・ヒバリなど地上に営巣する鳥の親鳥に見られる行動で、捕食者の注意を自分に集め、巣や雛から遠ざける役目があります。擬傷を観察したら、緊張している親鳥を尊重してそっとその場を離れるようにしましょう。
擬傷もディスプレーの一種ですが、求愛とも威嚇とも違う、いわば「だましのディスプレー」です。

P84

☆チェック☆84表




ページの先頭へ