わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

カモ類の求愛

野鳥の観察 (6.コミュニケーション)

カモ類の求愛


身近に見られる鳥の中で、求愛のディスプレーを簡単に観察できるのはカモの仲間です。カモ類の多くは冬鳥として渡来し、川や池で越冬しますが、越冬地でつがいを作るので、1月から2月にかけて求愛のディスプレーが観察できるのです。
カモ類の求愛ディスプレーは、いろいろな行動パターンが組合わさって儀式化されており、その中には羽づくろいのしぐさなどの取り入れられています。
コガモの場合は、ピリッピリッと盛んに鳴いている声が聞こえたら、求愛行動を見るチャンスです。数羽から十数羽の雄が1羽の雌を囲い込むように泳ぎ、その回りで様々なポーズととって見せます。いちばん目立つポーズは、頭と尾を同時に上向きに反らす姿勢です。

P78 いろいろなカモの求愛ポーズ

78 雌を囲んで泳ぐオナガガモ

☆チェック☆78表



ページの先頭へ