わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

水を飲む

野鳥の観察 (4.食べる)

水を飲む


鳥は餌を通して水分を得ています。一方、呼吸や排泄を通して水分を失っており、その収支によっては水を補給する必要が生まれます。特にホオジロ類のような種子食の鳥は、餌の中の水分が少ないので、水が不足がちになります。
水の飲み方には、3つの方法があります。大部分の鳥は、くちばしを水につけると一口水にふくみ、次に上を向いてそれを喉に流し込みます。それを何度も繰り返して水を飲むのです。
ハトは、下を向いたままポンプのように水を吸い上げ、ゴクゴクと水を飲むことができます。こうした飲み方をできる鳥は稀で、ハト類以外にはサケイ類とごく少数のカエデチョウ類・ノガン類が知られている程度です。
また、ツバメ類は飛びながらくちばしを水面につけて、さっと水を飲む方法をとります。

P53-1

53 水を飲むキジバト

☆チェック☆53表



ページの先頭へ