わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

飛び方を記録してみよう

野鳥の観察 (2.飛ぶ)

飛び方を記録してみよう


図に示した記号で、いろいろな鳥の飛び方を記録してみましょう。多くの種類ははばたきと滑空を組み合わせて飛んでいます。それはエネルギーを節約する意味をもっています。特に体の大きな鳥にとっては、いかに滑空を多くするかが重要です。

18表


★飛ぶ鳥のスピードは?
近年、レーダーを使って鳥を追跡する技術が発達し、鳥の飛行速度についても正確なデータが得られるようになりました。それによると時速が、カワウで50km、マガモで65km、イエスズメで36kmなどの測定がされています。鳥は自動車に匹敵するスピードで飛んでいるのです。





ページの先頭へ