わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

あとがき

野鳥の観察

あとがき



 野鳥観察がバードウォッチングと呼ばれ始めた頃から、その趣味が盛んになってきました。休日に川すじや郊外のハイキングコースを歩くと、双眼鏡をぶら下げた人に会うことが少なくありません。野鳥を観察する楽しみにはいろいろなものがあります。種類を見分けてその違いを楽しむ、写真を写す、絵を描く、花や虫も含めた自然全体を鑑賞するなど、それぞれの好みによって多くの道を選ぶことができます。どの楽しみ方を選んだ時にも、野鳥がどんな生活をしているかに目を向けると、その楽しみがいっそう深いものになります。このガイドブックでは、野鳥を見た時に、それが何をしているかを理解する手がかりになるように構成してみました。まえがきにもふれたように、ここでは鳥の繁殖生活にはほとんどふれませんでしたから、鳥の生活の一面しか紹介していません。それでも、野外での観察には役に立つと思います。自分で書き込む欄も活用してください。
 なお、編集にあたっては、平田寛重氏を始めとする方々に写真を提供して頂きました。記して感謝します。

写真提供者/平田寛重(H)・吉井武(Y)・青木雄司(A)・中村一恵(N) ・端山昇(HA)

   (編集担当:浜口哲一)

──────────────────────────────
 ガイドブック 14
野鳥の観察 −鳥は何をしているか?−
発行 平塚市博物館 〒254 平塚市浅間町12-41 tel.0463-33-5111
印刷 神奈川印刷株式会社 
           〒254 平塚市明石町3-6 tel.0463-22-3344
1995年3月20日 1500部
──────────────────────────────






ページの先頭へ