わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

水の中を歩く

野鳥の観察 (1.歩く)

水の中を歩く


水鳥には、ウミスズメ類・カモ類のように泳いだり潜ったりするのが得意な水禽と呼ばれるグループと、サギ類・シギ類のように水辺を歩いて生活する渉禽と呼ばれるグループがあります。水禽は一般に脚が短く、ヨチヨチとしか歩けない種がほとんどです。
渉禽はどれもウォーキングで歩きますが、種類によって深い水の中も歩く種と、あまり脚を水につけない種があります。どのくらいの深さの水の中を歩くかによって、とる餌の種類も違ってきます。観察した種類がどのくらいの深さの水の中を歩いていたか記録してみましょう。

12 深い水の中を歩くコサギ

P12




ページの先頭へ